学校評価をまとめた情報

>

学校評価について

学校評価の課題

学校評価の課題については、各地域の学校によって異なります。
各地域の学校によってどんな取り組みをしているのかをご紹介します。
食生活に関する保護者・教職員間の課題共有のための話し合いや、給食参観の実施。
高学年の英語科の指導計画等の見直しや、地域ボランティアの有効活用などがあげられます。こちらの学校は学校教育活動目標として、特色ある教育活動、学力向上などが目標としてあげられ、学校から報告された自己評価や保護者などのアンケートを総括し、学校運営改善に向け提言しています。
学校評価支援システムSSQを活用している学校では、マークシートのアンケート用紙を集計し自動的に行う事ができます。
また、課題発見型アンケートによる課題の確認として重要度や満足度を5段階尺度で調査を行う事で、何を注目すべき課題かを確認できます。

学校評価の実態

学校評価のアンケートは、生徒による学校評価のアンケートや、保護者による学校評価のアンケートなど様々である。
また学校評価支援システムSSQや課題発見型アンケートを活用し、学校の課題を発見し改善する取り組みが増えています。
しかし、教育活動や組織運営を目的とした学校評価はメリットなのか、また学校や教育委員会はどんな疑問を感じているのかをご紹介します。
まずは学校評価は手間や労力を使うため疲れる、活用できていない。
学校評価以外にも大事な事はあるなどいう教職員もいるため、なかなか理解を得られない。保護者などの連帯・協働は思うようにいかない等があります。
調査では学校関係者評価で実践し、教育活動や組織運営の成果を実感しているのは約6割だといいます。


この記事をシェアする