学校評価をまとめた情報

>

学校評価における第3者評価とは何か

学校評価の現状

学校評価の現状としては、学校運営に繋がっている学校と、繋がらなかった学校との間には組織の状況に大きな差があると言われています。
ある調査からわかった事では、学校組織・教職員の改善に関する成果の実感は、学校の現状や課題を明確化している事や、目標を重点化しているを実践している学校は成果の実感がありますが、その逆として実践していない学校は成果も実感できていません。
また、自己評価や、学校関係者評価が運営への改善などに繋がっている学校と繋がっていない学校の違いとしては教職員間での現状分析や目標の共有状況があると言われています。
調査結果でもあるように、学校評価がうまくいっている学校や、学校評価がうまくいっていない学校などが分かれてしまうのが現状となっています。

学校評価の課題とは

学校の良さや今後取り組むべき課題として、キャリア教育に関わる学習会や、教職員の意識改革に関する意見交換を行う事が課題として挙げられています。
学力向上のための授業改善の方法や、学校全体の取り組みを見直す事ができるため、課題として挙げている学校も多くあります。
生徒や保護者、地域住民からのアンケートからどんな事に要望があり、どんな活動への期待度があるかなどを判断材料として何を重点におくかが課題になっています。
例えば、生徒から授業を見直してほしい、課外活動や体験活動などの学校行事などをもっと増やしてほしいなどの意見があれば、それを課題にして目標を作る形になります。生徒たちから教職員、地域住民や第三者から見た学校の在り方を一丸になって取り組み改善する事でより良い学校生活や教育の場が作れるのではないでしょうか。


この記事をシェアする